業務委託で高収入を狙え! 業務委託のメリットとデメリットを説明します。

デメリットをメリットに

業務委託というと、フリーエンジニアにはフリーエンジニアのメリット、会社側には会社側のメリットが存在しています。しかし、メリットが存在するということは、逆にデメリットも存在しているということにほかなりません。多くの人はメリットしか考えませんが、一番重要なのはデメリットをどこまでメリットにできるかという所です。デメリットも、言葉だけで捉えると悪い側面ですが、それを逆転することができれば、メリットになりうる可能性なのです。

会社側のデメリットは、その仕事が完遂れるかどうかわからない部分にあります。もしも、その仕事を頼んだとしても、相手がそれをしっかり仕事をしてくれなければ、会社は損失を負うばかりか、信頼も失ってしまいます。そのため、業務委託される側のエンジニアにはそれ相応の責任が問われる事になります。しかし、そこはしっかりと仕事を完遂すれば問題ありません。それどころか、その会社にとっては、その人間が信頼できるという事にもなります。これでメリットにする事ができるのです。

フリーエンジニアのデメリットは、最初は単価になってきます。最初の単価は、とても低いものになってくるでしょう。しかし、上記の会社側からの信頼を勝ち取る事ができれば、次の仕事へとつながり、結果的に単価は上昇していくのです。こういう積み重ねで、結果的に高所得になっていくのです。

たとえ最初のうちはデメリットでも、それをしっかりと把握して乗り越えていく事で、メリットへと変化していく事になるのです。大事なのは、デメリットをメリットへと逆転できるかどうかの発想です。デメリットと言う言葉に惑わされずに、考え方を色々と持つ事で、様々な問題を回避していく事ができるのです。